小湊を通らないのになぜ小湊鉄道という名前なのですか?

小湊鉄道は、千葉県市原市の五井駅から夷隅郡大喜多町の上総中野駅までの約40kmを結ぶ路線を持つ地方鉄道です。五井駅はJR東日本の内房線と接続していて、上総中野駅からはいすみ鉄道が続いています。小湊鉄道といすみ鉄道を乗り継げば、房総半島を横断する唯一の鉄道となります。房総半島においては重要な交通手段である小湊鉄道ですが、その名前の由来を知っている人は少ないのではないでしょうか。いすみ鉄道は夷隅郡に本社を置くことからその名前が付きましたが、小湊鉄道の本社は五井にあります。小湊鉄道の沿線上に「小湊」と付く地名があるというわけでもありません。では、小湊という名前はどこからきたのでしょうか。その答えは、小湊鉄道開設の歴史にあります。
小湊鉄道が開設する前は房総半島を横断する公共交通機関がなく、房総半島の反対側に行くには外房線か内房線で大回りするしかありませんでした。多くの人がもっと早く房総半島の反対側に行く手段を求めていたため、房総半島の北側にある志原市の五井と、南側の安房小湊(現在は鴨川市)を結ぶ鉄道を作るという計画が発足しました。この計画から「小湊鉄道」が命名されたのです。
しかし、結果として上総中野~小湊間の開設は叶っていません。その理由は国鉄との計画かぶりと建設費不足です。国鉄は房総半島の西側にある木更津と、東側の大原を結ぶ木原線を開設しようとしていました。木更津側は上総亀山駅まで線路が作られましたが、大原側が上総中野駅で小湊鉄道と接続してしまいました。その時点で房総半島横断が実現し、国鉄は上総中野駅から上総亀山駅までの線路を作る理由をなくし、そこで工事を諦めます。小湊鉄道は上総中野~小湊間の開設を諦めていなかったのですが、房総半島横断が実現してしまった以上、上総中野駅から小湊まで延伸する工事に対する需要はほとんどありません。小湊まで線路を伸ばすために路線敷設免許を申請したものの、需要の少ない工事にお金は集まらず、上総中野駅以降の線路工事が進まなかったため、最終的には免許を取り消されて断念せざるを得ませんでした。その後、大原~上総中野間をいすみ鉄道が管理するようになり、房総半島の鉄道は今のような形になりました。
つまり、小湊鉄道が小湊を通らないのにその名前が付いた理由は、安房小湊を目指して線路計画が作られたからです。資金不足で工事を断念していなければ、小湊鉄道は房総半島の北と南をつなぐ鉄道となっていたかもしれません。