金融商品取引業者等を通じて上場株式等を売ったこと等により発生した損失とその年分の上場株式等に係る配当所得(申告分離課税を選択したもののみ)を損益通算することができ、この損益通算で控除しきれない損失額に関しては、翌年以降3年間にわたり、株式等に係る譲渡所得等の金額と上場株式等に係る配当所得の金額から繰越控除を行うことができるそうです。株式等の譲渡がなかった年は、確定申告を行わなくても譲渡損を翌年へ繰り越すことが可能なのでしょうか?

株式等の譲渡がなかった年にも、譲渡損を翌年へ繰り越すためには確定申告を行わなければならないといえます。

この繰越控除のために必要な手続きは、次の通りです。
1.上場株式等に係る譲渡損失が発生した年分の所得税に関して、「所得税の確定申告書付表(上場株式等に係る譲渡損失の損益通算及び繰越控除用)」及び「株式等に係る譲渡所得等の金額の計算明細書」を添付した確定申告書を提出すること。
2.その後、連続して、「所得税の確定申告書付表(上場株式等に係る譲渡損失の損益通算及び繰越控除用)」を添付した確定申告書を提出すること(株式等の譲渡がなかった年にも譲渡損を翌年へ繰り越すためには申告しなければなりません)。
3.この繰越控除の適用を受けようとする年分の所得税に関して、「所得税の確定申告書付表(上場株式等に係る譲渡損失の損益通算及び繰越控除用)」及び「株式等に係る譲渡所得等の金額の計算明細書」(後者は株式等に係る譲渡所得等の金額が存在する場合のみ)を添付した確定申告書を提出すること。